登米市南方町南方仮設住宅での実施

平成23年12月21日から約3回にわたって、登米市南方町南方仮設住宅で、同事業を実施しました。検査やアンケート実施する中で、日常生活の困りごとやお話があり、スタッフが傾聴しています(生活相談員資格保持者)。南方仮設住宅では「すぐに医療機関にかかる必要がある」方が1名出ています。

活動の様子

集会場(右側の集会場)で実施
集会場(右側の集会場)で実施しました。

内容について説明するゆり上げ・名取活性協議会 事務局長の安彦さん
内容について説明するゆり上げ・名取活性協議会 事務局長の安彦さん。

検査実施の様子
検査実施の様子。仮設住宅の人からいろいろなお話も伺いました。

質問に答えるスタッフ
一人ひとりの質問に答えるスタッフ。


物資の配布

*物資の配布は、特定非営利活動法人運転免許取得支援センター及び連携・協力団体の独自資金で行っています。
>>実施団体協力団体はこちら
仮設住宅に住む方からの要望で、2Lのお水のペットボトルや保温のためのネックウォーマーなどの物資を配布しています。


「東北震災被災地の高齢者健康支援事業」とは石巻市での検査や相談対応の実施の様子 名取市美田園仮設住宅での実施登米市南方町南方仮設住宅での実施 気仙沼市では現在実施をしています事業結果はこちら